PS4で処理落ちだと思っていたが実際はフレーム落ちだった件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

PS4が発売されて1年以上経ちます。
もうそろそろトラブルが起きるであろう
ソニータイマー」発動が気になりますが、
今のところ異常は出てない。

 

PS4で購入初期の頃はヌルヌルと動いていたのに
ここ最近はカクカクが目立つようになった。

 

同様でもう1つ。
ゲーム稼動中に突然エラー落ち
これが一番萎える。

 

原因を探ってみようと思ったが
検索エンジンで同様の問題が発生してないかを検索しても
なかなか見つからない。

 

って・・・俺だけ?って思った。

 

しかし、PS4の問題について
以前から指摘されていた問題がある事に気づいた。
それは・・・

 

 

PS4はフレーム落ちが存在する

 

PS4のフレーム落ちとは

フレーム落ちとは・・・
1秒間に対するコマ送りがスキップ状態となり
コマを飛ばして描写される事。

 

1秒間に1コマならわかるが最新のゲーム機器となると
1秒間に対する情報量が多く、処理が追いつかない。
これは処理落ちとして認識していますが、
PS4の場合メモリーが多く積まれており
この処理落ちは考えづらい。

 

となると、やっぱりカクカク描写になって
アプリケーションエラー原因となるのが
フレーム落ちが連続して起きる事による
処理落ちではないかと考えてしまう。

 

参照記事
フレームレートのお話

 

特に最近のゲームは描写を気にしてしまい
どうしてもパフォーマンスを落とさざるを得ない考えのゲーム会社が増えて
ゲーム機に対する負荷をギリギリ与えつつの最高画質を目指しているのが
今のゲームソフトの抱える問題点でしょう。

 

幾度もアップデートを繰り返すとあるゲームがあったが
それがいい例。

 

このゲーム見ればわかりますが
明らかにフレームが安定してません。
PS4の売りって60fpsだと思ってる人が多いかもしれない。
だが、60fpsを維持してるゲームって実はそんな多くない

 

問題解決にはアプリケーションの改善が必要みたいだから
こっちではどうしようもないよね。。。

 

パフォーマンスを取るか
高画質な映像を取るか
どっちも取るか
これは今後発売されるゲームの課題かもしれない。

 

追記:メモリーリークという説もあるらしい(2015/10/12)

 

最近PS4の動作が安定していて
アプリ落ちという頻度は極端に無くなった。
というのもフレーム落ちはPS4の責任ではないというのは
以前記事でも書いたが、
PS4の処理速度は今発売されてる
家庭用ゲーム機の中では水準は高い。

 

パフォーマンス的にも文句なしのゲーム機なのは
間違いないが、
PCゲームと比較された場合はそうはいかないようで。

 

メモリーリークという言葉が存在し
メモリーリークとはプログラムバグの一種で
一定の活動をするとメモリーの解放を忘れ
溜まっていきデータを処理する過程で起こる事。

 

この点を指摘する人もいて、

とツイートにもあるように修正がなされているかもしれない。

 

このツイートは昨年のものだが、
今現在はメモリーリークに関する記事は見つからない。

 

PS4の動作が重いと悩みがあるなら
初期不良の可能性もあるとのこと。

 

そもそも熱暴走しやすい設計になってるので
熱を処理する作業に追われ、
データ処理が行着いてないのかもしれないが・・・

 

 


ブログ参考になりましたら
応援ポチお願いします。更新の励みになります。

にほんブログ村 ゲームブログへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト運営者:アフィリ息子(ターチン)



アフィリエイトは2008年9月からスタートし、
一時期はアマゾンアソシエイトで
年間50~70万いった経験があり
自動投稿ツールのレビューに参加したり
物販アフィリエイトを主に2010年頃までやってました。
2011年から規制が厳しくなり、一時撤退するも
家業の手伝いをしながら
物販アフィリで頑張って稼いでます。

当サイト記事では、あなたの探してる情報に
マッチしたサイト作りを心がけています。

運営者ツイッターフォロー:@musuko23

参加中のブログランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る